0

お役立ち情報 INFORMATION

海外FXのレバレッジとは?各業者の最大値を比較検証

  1. 自己資金の数千倍ものレバレッジをかけて取引できる海外FX。

短期間で大きく稼げる可能性もありますが、その分リスクを理解しておくことも大切です。

そこでこの記事では、海外FX取引におけるレバレッジの基本知識やトレードする際の注意点をご紹介します。

各社のレバレッジ比率を比較検討し、自分のトレードスキルや手法に合ったものを選びましょう。

海外FXのレバレッジについて|メリット・デメリットとは?

ここでは、海外FXのレバレッジやメリット・デメリットについてご紹介します。

まずはレバレッジの基礎知識を身につけ、適正なトレードができるようにしましょう。

1,000倍は当たり前?レバレッジのメリットは大きく稼げること

レバレッジとは「てこの原理」のことです。トレーダーはこのレバレッジを使うことで、少ない資金でより大きな金額を取引できます。
レバレッジがない場合とある場合の違いは次の通りです。

例)レバレッジがない場合

たとえば1ドルが100円の相場で1万ドル分の取引をするとします。このとき自己資金は100万円が必要です。また1ドルが105円になると、単純計算で5万円の利益が出ます。

例)1,000倍のレバレッジがある場合

同様に1ドルが100円の相場で1万ドル分の取引をするとします。あくまで一例ですが、このとき必要な自己資金は1,000円です。1ドルが105円になると、1,000円の自己資金でレバレッジがないときと同じ5万円の利益が出ます。

つまりレバレッジとは、「投資効率を高められる仕組み」ともいえるでしょう。

しかし利益が増幅する反面、損失も増幅する可能性があります。正しく使用すれば、レバレッジはトレーダーにとって非常に強力なツールですが、リスクもあることを十分に理解することが大切です。

国内FXよりも海外FXの方が最大レバレッジが高い

国内FX取引の最大レバレッジは25倍と制限されていますが、海外FXは無制限です。

このレバレッジに制限がないことは、海外FXの特徴の一つとも言えます。

国内FX業者 海外FX業者
最大レバレッジ 25倍 制限無し
ゼロカットシステム なし(追証あり) あり(追証なし)

上記の表からわかるように、海外FX業者は国内FX業者と比べると、大きなレバレッジをかけることができます。

またFXにはゼロカットシステムが採用されている場合があります。ゼロカットシステムとは、FX業者が損失を補填する制度です。

仮に国内FXを利用していて口座残高がマイナスになった場合は、ゼロカットシステムがないので、金額次第では負債を抱えなければなりません。

一方で海外FX業者では、マイナス残高を補填する「ゼロカットシステム」を採用しています。仮に相場が反転して残高がマイナスになっても、預けた金額以上の損失が出ることはありません。

高いレバレッジでの取引はリスクがつきものですが、ゼロカットシステムがあるのは大きなメリットともいえます。

「少ない資金でも効率的に利益を上げたい!」という方には、海外FXがおすすめです。

ただしロスカットが間に合わず、追証になるデメリットもある

海外FXは一見デメリットがないように見えますが、ロスカットが間に合わない場面もあります。

ロスカットとは、含み損が一定以上になると自動的にポジションを決済する仕組みのことです。

通常は損失拡大を防ぐためにおこなわれますが、相場の値動きが激しいときには、このロスカットが間に合わない場合もあります。

海外FX業者を使えば大きく稼げる反面、デメリットがあることも知っておきましょう。

リスクがあるのは長期的にホールドする人または相場反転を待つ人

海外FXではゼロカットシステムが採用されていることにより、中長期での取引に影響が出ることもあります。

また損切りをせずに相場反転を狙う手法には不向きです。

たとえばある日、一時的に損を抱えていたとしましょう。翌日に相場がプラスになる可能性があっても、ゼロカットシステムが作動することにより、そのまま口座残高がリセットされてしまいます。

自分のリスク許容度や投資目標をよく考えたうえで、レバレッジをかけた取引をおこなうかどうかを判断しましょう。

海外FXでハイレバレッジ取引する際の注意点&ポイント

海外FXでレバレッジ取引をする際のポイントは以下の通りです。

  • ロスカット対策として保証金に余裕を持つ
  • 相場を読む力や取引スキルが伴っていない場合は使わない
  • 適正なレバレッジを知る

それぞれを詳しく見てみましょう。

ロスカット対策として保証金に余裕を持つ

ロスカットが発生した場合、強制的にポジションを決済することになります。

その結果、当初預けた金額よりも大きな損失が発生することに注意しましょう。

海外FXでは、ゼロカットシステムが採用されているので比較的安全ですが、起こりうる損失を補填するためには、十分な資金を用意しておくことが重要です。

保証金を大幅に超えた取引はしないようにしましょう。

相場を読む力や取引スキルが伴っていない場合は使わない

高いレバレッジで取引することで、より大きな利益を得られると考える人もいます。

しかし高いレバレッジでの取引は、相場を正しく読む能力と高い取引スキルがなければ、上手く利益を上げられません。

また精神的な負担が大きいので、正しい状況判断ができず、リスクのあるトレードをしてしまいがちです。

とくに初心者トレーダーでスキルが伴っていない場合は、なるべく低いレバレッジから始める方がよいでしょう。

レバレッジをかけた必要証拠金の計算式はこれ

レバレッジをかけるときに必要な証拠金はどれくらいか。下記の式に当てはめて計算してみましょう。

必要証拠金=為替相場×取引数量÷レバレッジ

このうち、「為替相場」は操作できないため、実際の取引では「取引数量」と「レバレッジ」から必要証拠金を算出します。

取引数量は、取引するための通貨の枚数です。これらの計算式を使って、取引をおこないましょう。

3,000倍のレバレッジに必要な証拠金は…

レバレッジ3,000倍、1ドル100円で取引量が5,000ドルの場合に必要な証拠金は、

100(為替相場)×5,000(取引量)÷3,000=約166.66円

あくまで目安ですが、この金額は最低の必要証拠金です。また海外FXによっては証拠金が決まっている場合もあるので注意しましょう。

小さい資金で大きなリターンを狙いたい方は、ぜひ海外FXに挑戦してみてはいかがでしょうか。

高いレバレッジでトレードするときは損切り値幅を決めれば安全

取引をする際に、どれくらいのレバレッジまでが安全なのか判断するのは難しいことがほとんどです。

たとえば国内FX業者の最大レバレッジは25倍と低いですが、小さな元本に対してそれだけのレバレッジをかけると、大きな損失を被る危険性もあります。

結論、どのようなレバレッジでも取引量をコントロールし、ロットサイズを大きくしすぎないことが重要です。

損切り利幅を決めて、特に初心者はリスクの小さいトレードをしましょう。

レバレッジが高いおすすめ海外FX業者5選

ここでは、レバレッジが高いおすすめの海外FX業者5選をご紹介します。

  • GEMFOREX
  • XM Trading
  • IS6FX
  • FXGT
  • BigBoss

それぞれの特徴を詳しく見てみましょう。

海外FX業者の最大レバレッジを比較一覧 

主要な海外FX業者の最大レバレッジを比較した表です。

海外FX業者 最大レバレッジ
GEMFOREX 1,000倍
XM Trading 888倍
IS6FX 1,000倍
FXGT 1,000倍
BigBoss 555倍

レバレッジは各業者によって大きく異なります。BigBossでは555倍ですが、GEMFOREXやIS6FX、FXGTでは1,000倍です。

国内FXの最大レバレッジが25倍であることを考えると、総合的に見てもかなり高いことがわかるでしょう。

①GEMFOREX

口座開設ボーナス
1万5千円
入金ボーナス
2~1000%の抽選入金ボーナス
入金方法
14種類
ライセンス
FSC
両建て
同一口座
最大レバレッジ
1,000倍
スプレッド
ドル円1.6pips

ユーロドル1.7pips

スキャルピング
ロスカット
20%
ゼロカット
あり
仮想通貨取引
なし
最小取引単位
1,000通貨
取引手数料
無料
取引ツール
MT4/MT5/ミラートレード
資産保証
分別管理
取引形態
DD方式
入出金手数料
無料
日本語サポート   あり(メール・チャット)

GEMFOREXには日本人スタッフが常駐しており、日本語でサポートを受けられます。

海外FX初心者や取引に不安がある人なども安心して利用できるように、サポートに力を入れているのが特徴です。

また、GEMFOREXは、新規口座開設で15,000円のボーナスがもらえます。

ほかにも、入金ボーナスやお友達紹介、お誕生日プレゼント、乗り換えキャンペーンなど豪華なキャンペーンを実施しています。

日本語でサポートが受けられ、新規口座開設でボーナスがもらえることから、海外FX初心者にとって利用しやすい口座といえるでしょう。

②XM Trading

口座開設ボーナス
3,000円
入金ボーナス
$5,000
入金方法
5種類
ライセンス
FSA/FCA
両建て
同一口座
最大レバレッジ
1,000倍
スプレッド
ドル円1.6pips

ユーロドル1.7pips

スキャルピング
ロスカット
20%
ゼロカット
あり
仮想通貨取引
あり
最小取引単位
10通貨
取引手数料
あり
取引ツール
MT4/MT5
資産保証
分別管理
取引形態
NDD、STP、ECN
入出金手数料
無料
日本語サポート   あり(メール・チャット)

XM Tradingは、ユーザー数500万人以上を誇るFX業者の最大手です。

サポート対応が可能な言語は8言語以上あり、世界中のトレーダーからの人気が高いFX業者です。

また、日本語による24時間サポートを提供しており、初心者の人も安心して利用できる体制が整えられています。

さらに、約定力が強く全注文の99.35%は1秒以内に約定されているため、スムーズな取引がおこなえると人気を集めています。

XM Tradingを利用する上で、FX業者の最大手であり世界中のユーザーから人気が高い点は、大きな安心材料になるといえます。

③IS6FX 

口座開設ボーナス 20,000円
入金ボーナス 入金100%ボーナス(抽選)
入金方法 2種類
ライセンス  SVG・FSA
両建て
最大レバレッジ 1000倍
スプレッド ドル円:1.6pips
ユーロドル:1.5pips
スキャルピング
ロスカット 20%
仮想通貨取引 なし
最小取引単位 1000通貨
取引手数料 無料
取引ツール MT4/MT5
資産保証 なし
取引形態 DO
入出金手数料 入金無料、出金は月1度まで無料
日本語サポート あり(LINEも可)

IS6FXはボーナスキャンペーンが充実しているのが魅力の海外FX業者です。

またIS6FXは現在、期間中の入金で100%のボーナスをもらえるキャンペーンなどをおこなっています。

そのほか過去には、新規口座開設で証拠金20,000円キャンペーンや、抽選で当選した方限定で上限金額まで何度でも「100%の入金ボーナス」がもらえるキャンペーンもおこなっていました。

また日本語サポートが充実しており、LINEでも問い合わせができるのが便利と感じる人も多いでしょう。

④FXGT

口座開設ボーナス
10,000円
入金ボーナス
20%〜100%

最大127万円

入金方法
6種類
ライセンス
FCA
両建て
同一口座
最大レバレッジ
1,000倍
スプレッド
ドル円1.5pips

ユーロドル1.4pips

スキャルピング
ロスカット
20%〜40%
ゼロカット
あり
仮想通貨取引
なし
最小取引単位
1,000通貨
取引手数料
無料
取引ツール
MT5
資産保証
分別管理
取引形態
NDD、STP、ECN
入出金手数料
無料
日本語サポート   あり(メール・チャット)

FXGTは、ボーナスキャンペーンが業界トップクラスの海外FX業者です。

  • 新規登録で10,000円
  • 初回入金100%ボーナス(最大7万円)
  • 通常入金20%ボーナス(上限120万円)

FXGTをはじめて利用する人は、多くのボーナスを受け取れるチャンスです。

ボーナスを多くもらうことで、より大きな取引ができるため利益を狙える可能性が上がります。

これから海外FXを始めようとしている人は、ボーナスが充実しているFXGTの利用を検討してはいかがでしょうか。

⑤BigBoss

口座開設ボーナス なし
入金ボーナス 最大5,000ドル相当
入金方法 4種類
ライセンス SVG FSA
両建て
最大レバレッジ 999倍
スプレッド ドル円:1.2pips
ユーロドル:1.3pips
スキャルピング
ロスカット 20%
仮想通貨取引 あり
最小取引単位 1000通貨
取引手数料 無料
取引ツール MT4
資産保証 なし
取引形態 NDO
入出金手数料 入金:無料(5万円未満の場合は1,000円)
出金:2,000円
日本語サポート あり(メール・チャット)

BigBossではボーナスだけではなく、ガチャをひくことができ、最大5,000ドルが当たります。

約定力に定評があり、注文と決済が迅速なのが魅力です。

たびたび期間限定の豪華なキャンペーンを実施しているので、チェックしておくと良いでしょう。

レバレッジに制限・規制がかかることがある

実際ほとんどの海外FX業者では、レバレッジを制限しています。

制限は口座残高や保有ポジションの量、重要な経済指標による相場の変動などに応じておこなわれることが一般的です。

数百円の証拠金で大きなレバレッジはかけられないので注意しましょう。

レバレッジの制限はトレーダーの資金を過度なリスクから保護し、取引プラットフォーム全体の安定性を確保するためのものです。

そのため制限を設けている業者については、顧客に対して健全なサービスを提供しているともいえます。

取引業者を選ぶ際は、適正な制限や規制があるかも確認しましょう。

海外FXのレバレッジに関するよくある質問 

海外FXのレバレッジに関する、よくある質問にQ&A形式で回答していきます。

  • Q.海外FX業者を使うのは違法?
  • Q.危険な海外FX業者はない?
  • Q.フルレバで借金を背負うことはある?

気になる項目をチェックしておきましょう。

Q.海外FX業者を使うのは違法? 

海外FX業者を利用者側として使う場合は適法だと考えられています。

居住者に金融サービスを提供する事業者対しては法律で規制がありますが、居住者自身が金融サービスを利用することには罰則や制限はありません。

したがって、日本の居住者が口座を開設し、外国為替取引を行うことは合法です。

ただし、原則として日本国内の金融商品取引業の許可を得ない限り、サービスを提供するのは禁止されています。

実際に金融庁のホームページには以下の内容が書かれています。

海外所在業者であったとしても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録(日本の「金融商品取引法」に基づく登録)が必要です。日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは、禁止されています。

自分の立場が利用者側かサービスの提供者側かで変わってくるでしょう。

参考:行政書士トーラス総合法律事務所 トーラス・フィナンシャルコンサルティング株式会社 「海外FXの違法性」

Q.危険な海外FX業者はない? 

海外FXの中には危険な業者もあります。たとえば利益を出した瞬間に資金を持ち逃げする、出金拒否をされるなどのケースがあります。

これらを回避するには、金融ライセンスの有無や取引実績をホームページで確認しましょう。

また海外FXでは、金融庁の警告を受けているものもあります。ただし、すべてのFX業者の安全性や危険性がこれによって決まるわけではありません。

なぜなら金融庁は、無登録の海外FX業者に対して、優良業者か詐欺業者かを問わず、無差別に警告を発しているからです。

とはいえ、どの業者でもまったくリスクがないとは限らないので、注意しましょう。

Q.フルレバで借金を背負うことはある?

損失が一定の割合を超えると自動的に決済され、証拠金の範囲内に収まるようにする仕組みをロスカットといいます。

この機能が働けば、証拠金以上に負債を抱えることはないのですが、場合によってはこのロスカットが作動しないこともあります。

たとえば、大きな為替変動やシステム障害が発生したときです。タイミングによっては大きなリスクをかかえる可能性があることに注意しましょう。

まとめ

このページでは、海外FXのレバレッジや注意点などを解説しました。

最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。

  • 海外FXは小さな資金でもリターンが大きい
  • 国内よりも海外FXのレバレッジのほうが高い
  • ただしロスカットが間に合わない場合もある
  • ロスカット対策には必要証拠金を十分に増やすことが大切
  • リスクを知ったうえでレバレッジを使おう

どれだけリスクを減らしていても、損失が出ることもあるのが投資の世界です。

まずは海外FXについて正しい知識を身につけましょう。

レバレッジは小さな資金で大きなリターンを得られる可能性がありますが、十分にリスクを理解したうえで利用してみてください。