0

お役立ち情報 INFORMATION

海外FXの評判・口コミを独自調査!メリットやデメリット、さらにはおすすめ業者もご紹介

海外FXは、国内FXとは比較にならない高いレバレッジを利用できるのが魅力です。さらに追証(追加証拠金)が発生しないゼロカットシステムが採用されていることから多くのFXトレーダーに人気があります。

しかし、海外FXについてインターネットで調べてみるとよい評判だけではなく悪い評判もあるのも事実です。

そこでこの記事では、海外FXの評判について徹底的に調査をしました。悪い口コミが本当なのかについて詳しく説明していますので参考にしてください。

海外FXの評判を調査!悪い口コミは本当?

FXを始める際は、まずは危険な業者に引っかからないようにするために、リサーチすることが大切です。この章では危険な海外FX業者の特徴や評判についてご紹介します。

最大レバレッジが桁違い!海外FXの特徴とは

まずは、海外FXの特徴について説明をします。海外FXの主な特徴は最大レバレッジが桁違いに高いことです。

国内FXの場合、法律で最大レバレッジは25倍と決められていますが、海外FX業者の中には最大数千倍のレバレッジが使える業者も多くあります。

最大レバレッジが高いと、それだけ資金効率の高い取引が可能です。参考までに1ドル150円の時に10,000通貨で取引するために必要な証拠金をレバレッジ別にまとめましたので、参考にしてください。

レバレッジ倍率 ドル円(150円)
25倍※国内のレバレッジ 60,000円
50倍 30,000円
100倍 15,000円
200倍 7,500円
400倍 3,750円
500倍 2,000円
1000倍 1,500円
2000倍 750円

このように高いレバレッジが使えれば使えるほど少ない投資資金で大きな取引ができます。レバレッジの違いこそ国内FXと海外FXの最大の違いといえるでしょう。

国内FXと違いはほかにも…

たとえば、強制決済システムです。

国内FXの場合、ロスカットが採用されているので、、あらかじめ決められた水準まで相場レバレッジ以外にも国内FXと海外FXには様々な違いがあります。

が下落すると強制的にポジションが決済されます。

しかし、相場が急変している時などは、為替レートの動きが早すぎてロスカット水準まで到達しても決済されないことがあります。

仮にロスカット水準のはるか下で強制決済されてしまうと、追証(追加証拠金)を請求されることもしばしば。。

追証とはFX会社に対する借金なので必ず返済しなければなりません。相場の動きによっては莫大な追証を背負ってしまうリスクがあります。

一方、海外FXの強制決済システムはゼロカットシステムが採用されており、追証が発生することはありません。その分安心してトレードができます。

このようにレバレッジと強制決済システムの2つが国内FXと海外FXの主な大きな違いです。

よい評判は「資金効率がいい」「ボーナスが豊富」など

海外FXのよい評判を2つほど紹介をします。

【XM体験3-5】 国内の低レバ低スプでは、ローリスクローリターンの上、ある程度まとまった軍資金が必要となるので、少ない軍資金でチャレンジするなら海外FXがオススメ。 国内レバレッジと比べ、約35倍のハイレバでチャレンジできます。
引用:Twitter

海外FXの口コミを見ていると、やはりレバレッジの高さに関する口コミが多いようです。

国内FXの最大25倍のレバレッジに対し、海外FXでは最大数千倍のレバレッジの利用ができるため極めて資金効率の高い取引が可能になります。

少ない投資資金でも大きな利益を出せる可能性があるのは、口コミから見ても海外FXの最大の特徴といえそうです。

入会金3000円と入金ボーナスが入金額の50%って 日本の会社ではありえないですね! 海外BIG!XM最高です!
引用:Twitter

また、レバレッジだけではなく、ボーナスに関するよい口コミも多く見られました。国内FXに比べて海外FXのボーナスは非常に豪華です。

例えば最も日本人に利用されている海外FX業者のXMの場合、口座を開設しただけで3000円のボーナスや入金額の100%を貰えるボーナス、取引する都度もらえるボーナスなどがあります。

あくまで一例ですが、海外FXでもらえる入金ボーナスは以下の通りです。

入金額 ボーナス金額
1万円 1万円に対して100%:1万円
5万円 5万円に対して100%:5万円
10万円 5万円に対して100%
5万円に対して20%
5万円+1万円=6万円
50万円 5万円に対して100%
45万円に対して20%
5万円+9万円=14万円
100万円 5万円に対して100%
95万円に対して20%
5万円+19万円=24万円

仮に100万円に対して入金ボーナスが付与された場合は、合計124万円でトレードできることになります。少ない資金で効率よくトレードしたい方にとっては、海外FXがおすすめです。

悪い評判は「出金トラブルがある」「取引コストがかかる」など

海外FXやバイナリー界隈では勝ちすぎて業者から出金拒否されて揉めてる人をほぼ毎日見かけるけど、オンカジでは全く見ないの不思議だよね。 Twitter見てるとバカラで毎日数百万や数千万勝ってるらしい人いっぱいいるのに。
引用:Twitter

海外FXに関する悪い評判には、出金トラブルがあげられます。

出金トラブルと聞くと、ネガティブな印象を持つ人が多いですが、実際にはユーザー自身が利用規約などに違反しているケースがほとんどです。後ほど紹介するおすすめの海外FX業者でも、規約さえ守れば出金拒否はありませんので、安心してください。

資金少額なので、レバレッジの大きな海外FX使ってるけど、回数重ねるとスプレッドの広さが気になってきた… 少額ならスプレッド狭い方が良いのではないかと思ってきた… 色々環境変えたり、仕切り直しの時期かな…JFX開設しようかな…
引用:Twitter

ほかにも海外FXの悪い評判として、国内FXに比べスプレッドが広いという意見があります。

国内FXではマーケットからとってきた為替レートをいったんFX業者が取り込むDD方式を採用しています。

マーケットからすぐにトレーダーに提示をしないので、為替レートの操作がしやすいといわれているレート提示方式です。よってストップ狩りなどの悪い噂が国内FX業者にはあります。

一方、海外FX業者はNDD方式という、マーケットからとってきた為替レートをそのままトレーダーに提示をする方法を採用していますので、透明性が担保されています。為替レートの操作ができないのでスプレッドは確かに国内FX業者より広い傾向にあります。

レートに透明性を求めるか、スプレッドの狭さを求めるか判断しましょう。

【評判まとめ】トレードスタイルや資金力によって使い勝手が異なる

海外FXの口コミを見る限り、ローリスクローリターンでトレードをしたい方は国内FXの方が向いているかもしれません。

しかし、ストップ狩りなどの不正がある可能性があります。

一方、海外FXは少ない資金でも大きな利益が狙え、相場が急変しても追証が発生しないので万人におすすめできるでしょう。

とはいえ、個人のトレードスタイルや資金力によって使い勝手が異なるので、まずはボーナスを活用して使用感を試してみてください。

悪い評判は嘘?海外FXの実情と安全な業者の選び方

海外FXに関して調べてみると悪い評判があります。しかし、悪い口コミがあっても実態とは大きく異なることがほとんどです。

そこでこちらの章では海外FXの実情と安心な業者の選び方について説明をします。

金融庁に登録されていない=危険ではない

海外FX業者は日本の金融庁に登録されていません。

これだけ聞くと「海外FXはやはり危険なのではないか」と思われる方は多いですが、海外FX業者が金融庁に登録していないのには明確な理由があります。

それは、金融庁に登録すると高いレバレッジの利用やゼロカットシステムを顧客に提供することができないからです。

日本の法律では最大25倍のレバレッジしか使えず、ゼロカットシステムの利用が禁止されています。

これでは海外FXのよさがなくなってしまうため、海外FX業者はあえて金融庁に登録していません。

また、金融庁に登録をしていなくても、海外の金融ライセンスを取得している海外FX業者のほとんどは安全です。

「金融庁に登録されていない=危険」は誤った認識なので注意しましょう。

出金拒否される理由はユーザー側に問題があることが多い

海外FX業者の中には残念ながら悪質な業者があるのも事実です。しかし、優良な海外FX会社も多く存在しています。

ではなぜ優良な海外FX業者でも出金拒否の噂があるのでしょうか。

それは多くの場合、トレーダー自身が業者の規約に違反しているからです。

例えば、多くの海外FX業者では月曜日の窓開けや雇用統計などの経済指標を狙ったギャンブルトレードを禁止しています。

ギャンブルトレードとは、海外FXのゼロカットシステムを利用して行うトレード手法です。アメリカの雇用統計など重要な経済指標の発表前後は為替レートが大きく動きます。

このことを利用して、ハイレバレッジでトレードをした場合、予想が当たれば大きな利益になります。仮に予想が外れたとしてもゼロカットが発動し追証が発生しません。

トレーダーにはうれしいですが、海外FX業者にとってはリスクのほうが大きいので、多くの業者はこのギャンブルトレードを禁止しています。

そのような規約を知らず、トレーダー自身が違反行為をすることで、優良な海外FX業者が違反措置として出金拒否をしているのが現状です。

出金拒否の噂はありますが、ユーザーが違反行為をしない限り、優良業者が出金拒否や口座凍結をすることはないので安心してください。

レバレッジの規制がなくてもゼロカットシステムがあるので安心

海外FXには最大数千倍のレバレッジが使える業者が多いため、少ない資金でも大きな利益が狙えます。

反対に大きな損失を被る可能性もありますが、海外FX業者はゼロカットシステムを採用しているので、入金した以上に残高がマイナスになることはありません。

たしかに悪質な業者が存在するのも事実

残念ながら海外FX業者の中には、詐欺的で悪質な取引を行っている業者が存在しているのも事実です。これらの悪徳業者は豪華な口座開設ボーナスやキャンペーンを利用して顧客を囲い込み、入金した後に意図的に資金を持ち逃げすることがあります。

海外FX業者との取引を検討している場合は、その業者が信頼できる業者かどうか、ライセンスを取得しているかなどを調べることが大切です。

また会社の知名度や口コミも確認しておきましょう。基本的な海外FX取引のルールを理解し、禁止事項に抵触しないような取引を心がけるとなお安全です。

安全な海外FX業者を選ぶにはライセンスの有無を確認しよう

海外FX業者と取引をする場合は、その業者がライセンスを取得しているかを確認しましょう。信頼できる規制当局から金融ライセンスを取得していることは、その会社の信頼性と安全性を示しています。

反対にライセンスを持たず、無許可で営業している海外FX業者は悪質な業者であることがほとんどです。ホームページに偽のコードを載せて、ライセンスを持っていると偽っている業者もいるので注意してください。

ライセンスの有無は、その会社が拠点を置いている国の金融規制当局の公式サイトを確認しましょう。

「分別管理」「信託保全」などがあるとさらに安心

優良な海外FX業者の多くは、顧客の資金を「分別管理」もしくは「信託保全」のどちらかで管理しています。

分別管理とは、FX会社のお金と顧客のお金を明確に分けて管理する方法です。

信託保全は、万が一FX業者が倒産しても、顧客の資金は100%守られる資金管理方法になります。信託保全のほうがより安心感がありますが、顧客の資金を別に管理している分別管理でも、安全だといえるでしょう。

優良な海外FX業者を見抜く際は、分別管理もしくは信託保全が採用されているかどうか確認するようにしてください。

おすすめの安全な海外FX業者5選

こちらでは、おすすめの安全な海外FX業者を5社紹介します。

  • XM Trading
  • GEMFOREX
  • FX Fair
  • FXGT
  • IS6FX

それぞれの業者について詳しくみてみましょう。

XM Trading

口座開設ボーナス 3,000円
入金ボーナス $5,000
入金方法 5種類
ライセンス FSA/FCA
両建て 同一口座
最大レバレッジ 1,000倍
スプレッド ドル円1.6pips
ユーロドル1.7pips
スキャルピング
ロスカット 20%
ゼロカット あり
仮想通貨取引 あり
最小取引単位 10通貨
取引手数料 あり
取引ツール MT4/MT5
資産保証 分別管理
取引形態 NDD、STP、ECN
入出金手数料 無料
日本語サポート あり(メール・チャット)

XMは最大1,000倍のレバレッジの利用ができてボーナスも非常に豪華な海外FX業者です。

また、日本人に最も利用されている海外FX業者でもあります。日本語サポートも万全のなので海外FX業者初心者の方でも安心です。

GEMFOREX

口座開設ボーナス 1万5千円
2~1000%の抽選入金ボーナス
入金方法 14種類
ライセンス FSC
両建て 同一口座
最大レバレッジ 1,000倍
スプレッド ドル円1.6pips
ユーロドル1.7pips
スキャルピング
ロスカット 20%
ゼロカット あり
仮想通貨取引 なし
最小取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
取引ツール MT4/MT5/ミラートレード
資産保証 分別管理
取引形態 DD方式
入出金手数料 無料
日本語サポート あり(メール・チャット)

GEMFOREXは、口座開設などのボーナスが非常に豪華です。またスプレッドも狭く1,000通貨単位から取引できるのも評判です。日本語サポートも万全なので海外FX初心者の方でも安心ですね。

FX Fair

口座開設ボーナス なし
入金ボーナス 100%
上限20万円
入金方法 4種類
ライセンス パナマ共和国
両建て 同一口座
最大レバレッジ 1,111倍
スプレッド ドル円1.5pips
ユーロ円1.5pips
スキャルピング
ロスカット 50%
ゼロカット あり
仮想通貨取引 あり
最小取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
取引ツール MT4
資産保証 分別管理
取引形態 NDD、STP、ECN
入出金手数料 無料
日本語サポート あり(メール・チャット)

FX Fairは、最大1,111倍のレバレッジの利用ができ、資金の分別管理が徹底されています。約定力も高くスキャルピングも公認している海外FX業者です。日本語での対応にも抜け目がありません。

FXGT

口座開設ボーナス 10,000円
入金ボーナス 20%〜100%
最大127万円
入金方法 6種類
ライセンス FCA
両建て 同一口座
最大レバレッジ 1,111倍
スプレッド ドル円1.5pips
ユーロ円1.4pips
スキャルピング
20%〜40%
ゼロカット あり
仮想通貨取引 なし
最小取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
取引ツール MT5
資産保証 分別管理
取引形態 NDD、STP、ECN
入出金手数料 無料
日本語サポート あり(メール・チャット)

FXGTでは最大1,000倍のレバレッジの利用ができ、ゼロカットシステムも完備されています。

ロスカット水準も低く、資金効率の高い取引が可能です。

IS6FX

口座開設ボーナス 5,000円
入金ボーナス 100%
上限100万円
入金方法 2種類
ライセンス セントビンセント・グレナディーン諸島
両建て 同一口座
最大レバレッジ 1,000倍
スプレッド ドル円1.6pips
ユーロ円1.5pips
スキャルピング
20%
ゼロカット あり
仮想通貨取引 あり
最小取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
取引ツール MT4・MT5
資産保証 分別管理
取引形態 NDD、STP、ECN
入出金手数料 無料
日本語サポート あり(メール・チャット)

IS6FXでは最大1,000倍のレバレッジの利用ができ、ゼロカットシステムが完備されています。

また、ロスカット水準が20%と低いので資金効率の高い取引が可能です。もちろん日本語サポートも充実していますよ

まとめ

今回は海外FXの評判を紹介しました。

最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。

  • 海外FXは最大レバレッジに規制がない
  • 国内と海外のおもな違いはレバレッジやゼロカットシステム
  • よい評判は「資金効率がいい」「ボーナスが豊富」
  • 悪い評判は「出金トラブルがある」「取引コストがかかる」
  • 悪い評判のほとんどはユーザーに問題があることが多い
  • とくに出金拒否されるのは規約違反が原因である可能性が高い
  • 安全な海外FX業者を選ぶにはライセンスや管理方法を確認する

海外FXは高いレバレッジの利用ができ、ゼロカットシステムが採用されているなど、さまざまなメリットがあります。

しかし、中には悪質な業者があるのも事実です。しっかりと見極めて、まずはボーナスを活用したトレードを楽しみましょう。